石川県自然解説員研究会


インタープリテーション(interpretation)をご存知ですか?

 

一般的には「通訳」のことをいいますが、ここでは自然が発するメッセージをわかりやすく人々に伝え、 自然とのふれあいを通じて、喜びや感動をわかちあおうとする「解説活動」のことをいいます。

 

私たちはこのような活動を目的とし、自己研鑽を目指す仲間達です。


石川県自然解説員研究会の主な活動

石川県内で自然観察会の開催

 白山(室堂・南竜が馬場) 7月中旬から8月中旬迄

 能登地区 4月~11月  4回

 金沢地区 (同上)    3回

 加賀地区 (同上)          5回 

 医王山     (同上)          4回

 

熊エサ調査        5月下旬 と 8月下旬 

新会員養成講座      4月~11月

白山登山と高山植物の集い 6月中旬

白山研修会(会員向け)  7月第2週の土曜と日曜

写真展          2月頃

 

☆石川県内におけるコロナ感染者が拡大傾向にあることから、夏季の白山での活動を含めて、8月までに予定していた各地区の観察会を中止します。9月以降の観察会については今後の感染状況を見極めて決定しますので、最新の情報をご確認ください。

 


 会員募集について こちら をごらください。

 

全てのコンテンツは当会の所有物であり、無断転用は不可と致します。